株式会社JECC
RECRUITING SITE

新卒採用エントリー
SCROLL DOWN

社員を知るINTERVIEW

ステークホルダーの声を聞き、
経営を動かす。

2006年入社 経営企画室 課長代理
Kazuaki.M.

思いがけないキャリアの連続、そして経営企画へ。

3度の異動を経て、現在の経営企画室に配属になりました。ここまで多くの部署を経験したのは、私の同世代の社員では少ないと思います(笑)。入社して最初の配属は、法人営業です。そこで営業の基礎や、お客様のパートナーとなっていくための営業マインドを3年間学びました。次に営業推進課に異動。お客様に最適な提案とは何なのかを、上長からの助言を受けながら考え抜いた3年間でした。

その後は、北海道支店に異動。それまで蓄えた営業のノウハウを活かし、少しでもお客様のお役に立てるようさまざまな提案をしてきました。北海道で4年間働いた後に、現在の経営企画室にいたります。正直、思いがけないキャリアの連続でしたが、これまで経験した部署では苦労しつつも、それぞれ違うやりがいを感じていました。異動の度に「もっとこの部署で働きたかった」と思ったほどです。入社から今にいたるまで、ずっと楽しんで働くことができています。

多彩なキャリアが、多角的な経営視点を育ててくれた。

会社が意思決定をするうえで、経営層が方向性を決めるための支援を行う部署、それが経営企画室です。競合会社の動向を調査、市場の情報を収集することで社内の強みや課題を把握し、会社の進む道筋を示すのが私たちの仕事です。また、経営陣と話し合うだけではなく、株主様や社員からの意見を取り入れ、経営陣につなぐ役割も果たしています。

これまでのキャリアで得た経験は、経営企画室での仕事に活きていると思っています。例えば、法人営業や北海道時代で得た、お客様やサプライヤ様と商談を重ねてきた経験、営業を推進する部署で株主様や社員と協力してきた経験は、客観的にJECCの強みを知ることにつながっています。経営企画室では、会社経営を多角的な視点から見る必要があるため、多彩なキャリアを経てきた自分にとって、自身の経験や知見を試される試金石だと思い臨んでいます。

時代は変わる。
私がJECCを変えていきたい。

これからのJECCは、リース事業を超えたビジネスも手掛けられる会社になろうとしています。近年、金利の低下によりファイナンスソリューションの収益低下が金融業界では問題視され、金融業界全体が大きく変わろうとしています。それに伴い、JECCもファイナンスだけにこだわらない、新たなソリューションを展開していくことが必要であると考えています。そういった会社の方向性に対しても主体的にかかわり、自分の意見が少しでも会社の方向性に反映され、その結果会社が良くなること。それが今の目標です。

今後、入社して欲しいのは、「会社をこうしていきたい」「世の中をこう変えたい」という意志がある人ですね。JECCは創業からおよそ60年間、IT領域に特化したファイナンス企業として、どこよりも豊富なノウハウが蓄積されている会社です。しかし、そこに寄りかかるのではなく、自分から新しく挑戦できる人、JECCをより良い方向に変えてくれる人に来て欲しい。新しいJECCをともにつくっていけたら、と思います。

  • HOME
  • 社員を知る
ページの先頭へ