株式会社JECC
RECRUITING SITE

新卒採用エントリー
SCROLL DOWN

社員を知るINTERVIEW

たくさんの企業と出会い、
自分らしい営業スタイルが見つかる。

2018年入社 法人営業第一部営業第二課
Hazuki.H.

多くの人とつながり、影響を与えられる仕事がしたくて。

いろいろな人とつながりを持ち、影響を与える仕事をしてみたい。それが私の就職活動の軸でした。そのため、個人に対して働きかけるBtoCビジネスよりも、企業や法人などと仕事をするBtoBビジネスの方が大きな仕事ができると思い、BtoBの会社を主に見ていました。なかでもJECCの説明会では、一人あたりが扱う金額の大きさに驚きましたね。ここでなら、私のやりたいことができる。そう思って入社を決めました。

今は、法人営業として、出版・原材料メーカー・不動産などのお客様を30社ほど担当。なかには5,000人近く社員がいる大企業もあります。若手のうちから多くのことを経験させてもらえていると思いますね。お客様によって社風も課題もさまざまですし、多岐にわたる業種の方とかかわりながら働いています。

小さな雑談が、大きな商談に。

お客様を訪問する時は、どんなに小さなものでもいいので必ず話題を用意しています。例えば、「服装の自由化を実施する企業が増えている」という話題があれば、働き方改革の話につながります。そして、働き方改革の一環である、ペーパーレス化やフリーアドレス化などにお客様が興味を持たれている場合は、「スキャナーやモバイルパソコンをリースしませんか?」と商談に結びつけることができるのです。このように、些細な話が商談の糸口となることもあるので、普段から新聞やニュースを見ていろいろな話題を提供できるようにしていますね。

営業のやり方は人それぞれですが、私も少しずつ自分なりのスタイルが見えてきました。前のめりになってお客様に提案するよりも、お客様のペースに寄り添い、伴走できる営業になることが私の目指すスタイルです。具体的には、お客様が相談しやすい営業や、お客様の言葉から丁寧にニーズをくみ取り、求められているものを的確に提案できるような営業になっていきたいですね。

いい環境、いい先輩。
今度は、私の番。

福利厚生は充実した制度があるだけではなく、積極的に利用する文化が根付いています。みんなとても働き方にメリハリがあって、オンオフがはっきりしていますね。同僚や先輩方もいい人ばかりで、非常にアットホームな雰囲気のなか働いています。大変な時もありますが、楽しく営業の仕事ができているので、入社して本当に良かったと思います。

これからの目標は、後輩にしっかりと指導できる先輩になること。今年に入って初めて後輩ができ、教える立場になったことに難しさを感じています。これまで先輩たちにたくさん教えてもらってきた分、今度は私が後輩の手本になれるような先輩になりたいです。そのためにまずは目の前にある商談を成功させることから取り組み、少しずつ営業の実績や、知識を積み上げることが今の目標です。

  • HOME
  • 社員を知る
ページの先頭へ